「温湿布と冷湿布どちらがいいですか?」

 

「温」と「冷」がくっついているので悩みますよね。

湿布に関してはどちらでもOKです。

私個人的には冷湿布がおすすめです。温湿布はお肌のトラブルが多発しています。

 

通常、急性期の痛み(ケガをしてすぐ)は、炎症が広がるのを防ぐために冷やします。

慢性痛は血行を促進させて修復を早めたり、疼痛を軽減させるために温めます。

急性期は冷湿布、慢性には温湿布と使い分けたいところですが、冷湿布も温湿布も

温度を変化させる効果がほとんどありません。冷湿布はメントールでスースー、温湿布も何だかで

カッカするだけです。

湿布は温度ではなく、有効成分が皮膚から浸透して効果を発揮します。

メーカーによって様々ですが、サリチル酸メチル、インドメタシン、フェルビナク、

ケトプロフェン等がプロスタグランジンという炎症物質の生成を抑え痛みが鎮まるのです。

冷湿布も温湿布もこれら成分は同じですのであとは自分の体、皮膚にあっているかどうか

で決めましょう。

 

湿布には有効成分以外にも痛みを和らげる効果があります。ゲートコントロールセオリーです。

もの凄く簡単に説明すると、痛いところに手を当たると楽になるアレです。

肌を包むあの感覚が痛みを感じにくくする効果があるのです。

湿布なんて効かないよぉ、「気のせい」とか「プラセボ効果」と言われていますが、

有効成分とゲートコントロールで痛みをやわらげてくれるのです◎

 

ただし、湿布で痛みがやわらぐ事と、根本治療とは別です。

湿布はあくまで痛みを落ち着かせるためだけで、全身のバランスを整えたり、痛みの原因を

取り除いてくれるわけではありませんので、放っておけばまたぶり返しますので

しっかり体を整えましょう◎

 

本日も当院の整体コラムをお訪ねいただきありがとうございました。

 

 

腰痛肩こり、ゆがみの原因を根本から解決します。東京都文京区の小石川整骨院。

後楽園駅8番出口徒歩3分、春日駅A5番出口徒歩1分

お問い合わせは、03-3814-7760