本日は腰痛に効くストレッチとして腸腰筋ストレッチを紹介します。

連日TVでオリンピックを観ていると、どうしても職業柄、整体視点で選手たちの

動きを観てしまいます。

ボルト3連覇、速かったですね、腸腰筋の発達、柔軟性半端じゃないでしょうね。

ボルトのレースを観ているといつもカール君を思い出します(笑)

たしか1980年代だったと思います、「ビートたけしのスポーツ大賞」という番組がありまして、

その中で100m走に自信のある一般人や芸能人が、カール君(当時の金メダリストの、

カールルイスに似)というレールの上を走る人形と対決するコーナーがありました。

そのカール君の後半の伸びがまさにボルトの走りです(笑)

 

腸腰筋は腰の背骨から足の付け根にくっついている筋肉で走っている時には

後ろ足を前に運ぶ時に働いたり、最近よく耳にする体幹(胴体)を安定させたりする筋肉です。

姿勢に係わる筋肉で腰痛対策にはとっても大事な筋肉です。

早速、腸腰筋(腸骨筋と大腰筋を合わせたもの)ストレッチを紹介します。

筋トレして筋肉を肥大させるのも大切ですが、今すでにある腸腰筋の柔軟性を高めて機能をUPさせることも

大切です。

1471394729783

↑写真は左の腸腰筋のストレッチです。

おへそのすぐ左側の奥から始まって左ももの付け根の内側にくっついている筋肉です。

<腸腰筋ストレッチ法>

膝を立てて、もう片方の膝は床につけます。

骨盤を床に近づけるように落としていくと、矢印のあたりがつっぱります。

腹筋に力を入れながら行うとより効果的です。

これで腸腰筋のストレッチはOKです。

 

本日も当院整体コラムをお訪ねいただきありがとうございました。

 

 

小石川整骨院の整体は長引く腰痛を根本からスッキリさせます!

東京都文京区、後楽園駅8番出口徒歩3分、春日駅A5出口徒歩1分

お問い合わせは 03-3814-7760