「体重を落としたくてフィットネスジムで運動を頑張っています。やり過ぎると筋肉で太くなりますか?腰の痛みも出ないし体調も良いのでこの調子でもっともっと運動したいんです。」

 

運動の仕方によって筋肉のつき方が違います。フィットネスジムでダンス等のプログラムや、マシンジムで低負荷で回数を多くするような運動の場合、気になるようなモリモリした体型にはなりません。

高負荷でのマシンジムや、柔道やレスリング等の瞬発力を必要とする運動では筋肉太りしやすいです。

ただしそれは選手レベルの話であって、ダイエットレベルではそこまで筋肉がつく事はありません。

心配なのは下半身太りです。全身筋肉太りするほど運動しなくても下半身太りは起こります。

肩こりや腰痛(肩甲骨の動きの悪さや腰の動きの悪さがある状態)がある状態で運動をすると下半身太りが起こります。

人は歩く走る等の動作の時、胴体を使っています。

「魚」と同じです。

しっぽだけ振って泳いでるわけではなく、からだ全体を使って泳いでます。

人も歩いたり走ったりする時は、足に着いている筋肉だけを使って足だけで体を進めているのではなく、

胴体の筋肉も使って足の筋肉と協同で足を動かしています。

肩こりや腰痛(肩甲骨や、痛みが無くても腰の動きが悪い状態)がある状態で運動すると、これらの協力を得られない足が過剰に働いてしまう為、下半身の筋肉が発達してしまいます。

シェイプアップ目的で運動を始める前にまず整体で胴体の動きを改善し下半身太りを予防しましょう◎

 

 

長引く腰痛、頑固な肩こりは小石川整骨院へ。  予約電話番号 03-3814-7760

東京都文京区 春日駅A5出口1分 後楽園駅8番出口3分