理想的な姿勢は

壁に背中とおしりをつけた時に腰に手のひらが1枚くらい入るくらい。

これが2枚3枚、こぶしが入るようなら立派な反り腰です。

寝ている時は腰の下に手が入らずにピッタリした状態が理想です。

腰の下に手が入るようでしたら、すでに腰痛あるいは腰痛予備軍です。

腰が浮いている状態で睡眠を摂ることで自律神経のバランスも崩れてしまいますので様々な不調も現れてしまいます。

人に言われるほどじゃないけど少し反れてるかな・・・不調もあるし。。と思われる方、

重症になる前にぜひ御相談下さい。

 

反り腰、自律神経失調症には小石川整骨院の整体です。

東京都文京区春日駅A5出口1分、後楽園駅8番出口3分 電話番号 03-3814-7760